わいわいギャラリー

みなさんよりお寄せいただいた楽しい投稿をご紹介します。
今回のテーマは『おすすめ!体の疲れをとる方法』
  • 5分厳守!

    とにかく如何なる時でも、疲れた時には「寝る」のが一番!ただし、5分だけ。その5分は記憶が無くなるほどに熟睡(爆睡?)でなければならないのです。そうすれば5分後に目覚めたあなたの頭はめちゃめちゃすっきりしてるはず(?)。たかが5分、されど5分ですよ。

    まり003 さん
  • 絵をかいて疲れをふきとばす!

    まず、ぬるめのシャワーを10分ぐらい肩を中心にあてて、コリをほぐして、リラックス。次にあたたかいミルク入り紅茶を飲みながら、落書きでも、イラストでも、カラフルなペンやインクを使って、書きまくる!色に刺激されて軽い疲れなんかふきとんでしまう!結構疲れている時は、逆に淡い色鉛筆を使って力をこめないで書く。絵も上達(?)したかな…。

    ニュートロンっち さん
  • 疲れたときにこの一杯!

    一般的に疲れたときに甘いものをとると良い。とされていますが、ココで紹介するのはまさに究極のドリンク。疲れもとれるうえ、身体の芯からあったまります。これからの寒い時期におすすめ、夏には飲めない飲み物です。作り方はとっても簡単、市販のコンデンスミルクをあっつーいお湯に溶かすだけ。甘ったるそうと思うかも知れませんが、疲れたときにはそんなに甘くも感じませんよ。これを飲むと身体が温まって、よーしがんばるぞー!!と元気がわいてきます。

    クージーポン さん
  • 酒風呂はいかが?

    とっても簡単。日本酒、またはブランデーをコップに1杯。ワンルームのお風呂なら0.5杯。浴槽に入れるだけ。あとはぬるめにしてゆっくりつかるだけ。汗がでて、水が白っぽくなる事もありますが、芯から暖まってポカポカしますよ。冷え性の方にもお勧めです。でもお酒に弱い方にはごめんなさい。な方法です。

    久美 さん
  • 凍らせるとグー!

    疲れたとき、私は凍らせたゼリーを用意します。ゼリーは直径3cmくらいのミニタイプのものがパックにたくさん入っているものにします。それを目に当てたり、疲れのたまった場所にしばらく当てます。そうするとゼリーが少し溶けてきて、食べやすくなるので、それを食べてしまいます。それを気が済むまで繰り返す・・・・、というのが、からだ&こころの疲れをとる最近気に入っている方法です。

    あっち003 さん
  • 足元からリラックス

    何と言っても体の疲れをとるには、軽い体操や、寝ることが一番だと思います。私の場合は、お風呂に入って寝る時に、両足首をそろえて最初に10秒位つま先を手前にぐっともってきます⇒次につま先を下におもいきり伸ばします⇒次は左右に足首をそろえてすこし痛いぐらいに倒します⇒最後に足首をゆっくりと回します(交互に)。これで寝ながらにして、ほんのすこしの体操で、足元から全身がポカポカしてよく眠れて、疲れがとれます。是非試してください(☆_☆)

    キャップ さん
  • たまにはリッチに・・・

    疲れたときはお風呂!しかもいろんなお風呂に入ります。牛乳一本分入れた牛乳風呂、烏龍茶のパックを3パックぐらい入れた烏龍茶風呂など。どのお湯もとってもあったまって、気持ちよく疲れが取れます!疲れたときはちょっぴり豪華なお風呂が私の疲れの解消方法♪

    たけうっちゃん さん
  • 1日1回ラジオ体操しよう!

    我が家では朝、起きて10分位したらラジオ体操第一をして、普通にご飯を食べたり仕度をします。(真面目にですよ!)そーして、1日が終わり、夕食を食べて10分位したら、ラジオ体操第二をします。そうする事によって、体もほぐれダイエット効果にもなり便秘も解消され、この後、のんびりとお風呂に入れば夜、気持ち良く寝られて疲れも無くなります。

    bengaruさん
  • 湯ったり長湯

    休日の午前中にうんとぬるめの風呂に長く浸かる。ビニール製の枕を用意して、ゆったりと横になり、窓を全開にして空を眺めながら、この後ビールを飲みながらビデオでも見るかな、それとも紅葉を見にドライブでも、久し振りに街をぶらっとするのも、など自由な時間の過ごし方を考えながら本当にゆっくり浸かる。

    minechanさん
  • ビタミンパワ−

    生のにんにくをミキサ−で擦りおろし、それに小麦粉をまぶしてあずき位の大きさに揃えてちぎり、丸めます。1日3回3粒ずつのめば疲れも吹っ飛びます。

    tonomac さん
  • 上から下から

    私の疲れのとりかたは、風呂に入る前に軽い体操をすることです。その体操とは、まず両足を肩幅に広げ、背筋をまっすぐにしたまま爪先立ちを10秒間し、10秒間休みます。このサイクルを3分間続けます。時間が無い時には浴そうの中でも行います。次に両耳たぶの淵をまんべんなく指先でほぐしていきます。もちろんこれも3分間続けます。風呂上がりには心地よい疲れとともにコップ一杯の水を飲んで就寝すれば翌朝は快適に起きることができます。おまけの効果としてお通じもよくなります。まずはお試しを。

    スピカ さん
  • 心も体もリラックス

    私の場合は、アロマテラピーです。体が疲れているときは、心も元気がないものです。アロマオイルは色々な種類があるので、その時の体調、気分にあわせてブレンドします。と言っても、私もあまり詳しく無いので、もっぱら万能薬の「ラベンダー」に「ゼラニウム」とその他3種類くらいです。でも、これでも、意外にスッキリするんです。少しの時間ですが、アロマの香りの中で、足の裏の「つぼ」を押すと、より効果があります。お気に入りの音楽も忘れずに!!

    こえだ002 さん
  • 温泉でおしゃべりざんまい

    月に一回の割りで高校時代の数十年来の友人と温泉に行きます。みんな主婦なので、家事を終えた午後8時くらいに集合して10時くらいまでお風呂でおしゃべりざんまいです。露天、サウナ、電子風呂などいろんな種類のお風呂があるので、すごく楽しいです。おまけに話も大いにはずんで最高です。笑うと健康に良いと言われていますが、そのとおり。温泉につかりながら、思いっきりおしゃべりをしてリフレッシュです。疲れなんかふっとびます。 

    トトロ44さん
  • 野菜をたくさん食べる!

    野菜をたくさん食べるようにしています。疲れたら、こってりしたものが食べたくなるけど、寝る前に胃にもたれたりするのが余計体に良くないので、しっかりサラダや温野菜を食べて、体に優しくしてあげます。普段の便秘も解消されるし、いいことだらけ!それにレタスは眠くなる作用があるらしいですよ。いっぱい食べて、コロッと眠ったら次の日も快調まちがいなし!

    はるはる86 さん
  • 疲れを癒すには朝風呂!

    仕事のし過ぎで疲れ気味あるいは寝不足になる人は多いと思います。こんな時は、朝は少しでも長く寝ていたいものです。そこを30分早く起きて朝風呂に入ってみましょう。ゆっくりとお湯に浸かることで、頭が目覚め食欲も沸いてきます。この30分の朝風呂が大いに効果を発揮し、前日の疲労感は和らぎ出勤するとすぐにバリバリと頭が働きます。

    ごりごり さん
  • 疲れを取る寝方

    私は今日も疲れて帰ってきました・・・疲れをとるには最低でも9時間は寝ないといけないんです・・・でもそんなに寝る時間はありません!はっきりいって忙しいです!!でも翌朝さっぱり疲れ無しで起きられるイイ方法があるんです!!それは、タオルなどを5センチくらいの厚さにして腰の所にそれを敷き、まくらなしで寝る事です。ホントか??と思うでしょうが、私はこれでだいたいきまった時刻に気持ち良く起きられますし、1日でたまった疲れもすっかりとれています。私にとってはかなりオススメです!!

    みさきん619 さん
  • 心も体もキレイにリフレッシュ!

    みなさんもすいてる時間帯を狙って近所の大衆浴場へ行ってみて!家庭のお風呂と気分が変わって、開放的な気分になって、手足を伸ばしてゆっくり湯船に浸かるとほんとに気持ち良い。余裕のある時にはドライブがてら山へ上ってみて!案外きれいな温泉が突然現れて、森林浴しながら露天風呂なんて所も珍しくありません。特にスキー場の近くにあるところや、キャンプ場が隣接しているところなんかにはよくありますよ。私の場合、タオルや着替えなど入浴セットは常に車に積んでいます。

    あきち002 さん
  • 蒸しタオルがいいのよね

    毎朝早起きして、満員列車で押されて、会社でPCで眼が疲れて、といつもだるい私・・・でも蒸しタオルが結構この身体の何ともいえない疲れを取ってくれるのです。蒸しタオルはおしぼりを濡らしてレンジで少々で出来上がり!これを足の裏や肩、首の後ろ、腰、そして瞼の上ふくらはぎなどにあてると、これが気持ちいいんですよ!お手軽にリラックスできて、疲れも吹っ飛びますよ。是非やってみてください!

    れみ さん
  • よもぎ風呂

    我が家の秘伝です。今は亡き母に教わって今も我が家で時々するのですが、よもぎを綿の袋に入れて湯船に入れて入浴剤に使っています。これが、本当に疲れがとれるのです。よもぎが摂れる季節にたくさん収穫して置いて、お湯であく抜きをして、こぶし大くらいの大きさにして、冷凍庫に保存して置いて、疲れたときに、一個取り出して使用します。

    じゅん さん