わいわいギャラリー

みなさんよりお寄せいただいた楽しい投稿をご紹介します。
今回のテーマは『私流!冬の乾燥肌対策』
  • クエン酸

    体が粉をふく季節。石鹸で洗った後にクエン酸を微量溶かした湯をかけるとすべすべつるつる☆

    しろくま057 さん
  • 社内での乾燥対策

    この季節になると社内はかなり乾燥し去年は肌が粉がふいたような状態になってしまいました。今年は少しは勉強し先月頃から対策実行!社内のトイレに化粧水をスプレータイプの小さなボトルに入替え、朝会社に着いてすぐ顔に吹きかけています。これをやるだけで一日の肌状態が随分違いました!

    あゆ250 さん
  • はちみつ!

    洗顔料に蜂蜜を混ぜて洗うと、かなりしっとりします。唇ガサガサになりそうな時は、蜂蜜を塗ってしばらくラップすると、プルンプルンになります。あと、ヨーグルトの残りでパックするのも好きです。←美白効果も?!

    ちかちゃ さん
  • アロエパックでつや肌に。

    私の場合はマンションのベランダで育てたアロエ(アロエベラ)の葉肉部分を10cm程切って、表裏の真ん中から引き裂くように切り取って、ジェル状の部分を特に乾燥しやすい口の周りに塗っています。初めはヌルヌルした感触が少し気持ち悪いと思われる方もいらっしゃるかもしれませんが、慣れれば大丈夫だと思います。天然成分100%ですので敏感肌の方にもお薦めです。

    マーキー2006 さん
  • 肌断食!

    フェイスケアは普段は念入りに、乾燥の怖いこれからの季節は特に保湿に力を入れている私ですが、週末には「肌断食」を取り入れています。これは、洗顔後、化粧水や乳液や美容液などを顔につけず(特に乾燥してしまっているところには乳液のみOK)、日中も軽いメークで過ごすというもので、ズボラな私向けのスキンケア?なのですが、金曜の夜〜日曜の夜までこれで過ごすと、あら不思議。月曜の朝には肌本来の力が戻っているようで、メイクのノリもよくなります。冬場は勇気のいる「肌断食」ですが、お薦めです。

    あやまりはな さん
  • かかとつるつるパック

    かかとががさがさで困ったときはオリーブオイルをぬってラップでくるんで靴下はいて一晩ねむるとつるつるになる。

    プルーン1 さん
  • ラップとマスク

    マッサージ後濡れタオルを電子レンジでチン、顔に乗せて、ラップをかぶせます。鼻の部分には穴あけてくださいね。そして寝るときにはマスクです。私の場合は花粉症なので、のど、鼻の粘膜保護のために、夜、睡眠中もマスクをしていました。お肌に自分の息の湿気でとても良いようです。夏は冷房でのど痛めますよね。お金をかけずに冬の乾燥対策、お試しください。

    れんこん020 さん
  • リサイクル?

    生前、母がヌカ漬けを混ぜると手がツルツルになると言って、洗顔後にも米ぬかの絞り汁で顔を漱いでいました。それを見て育った私も米の研ぎ汁をボールや洗面器に入れ半日程置き、その下ずみで顔や肘・膝のパックをして乾燥を防いでいます。市販の入浴剤も米ぬか成分が含まれている商品があるので、入浴剤が切れた時には便利ですよ。

    はんみ009 さん
  • はちみつ

    洗顔をするときに少量のハチミツと一緒に泡立てて洗顔します。モチモチのお肌になりますよ★

    みっこ154 さん
  • オイルだらけ

    メイクをしていない時の洗顔方法に工夫しています。姉の子供の入浴方法からヒントを得ました、精製した胡麻油を塗って、マッサージしてから石鹸で洗っているのです。皮脂を取りきった肌にオイルマッサージを施すより、保湿効果があると言うのです。自身への応用にと考えたのが、ホホバオイルベースのハーブオイルを頬や、口元等乾燥の気になる所に塗ってから石鹸洗顔をしています。乾き過ぎず、つっぱらず、冬場の乾燥から肌を守ってくれている様に感じます。

    キナコ3002 さん
  • オリーブオイルを使って

    お風呂に入る時に顔にオリーブオイルを薄く塗ってからは入り、浴槽で軽くマッサージ。体や髪を洗ってから顔を洗います。入浴後はいつもの化粧水に乳液をつけますが、翌朝は乾燥しがちな肌がしっとりしています。顔に限らず首筋、ひじ、かかとも同様に出来ます。

    コバチャン003 さん
  • 朝の洗顔を軽めに

    夜はしっかりと石鹸で洗顔しますが、朝は顔を「精製水」で洗うだけにしています。前夜に沢山の化粧水やクリームでお手入れし、せっかくもちもちの肌で目覚めたのに、朝から石鹸を使用して肌の水分・油分を全部洗い流してしまうのは肌にとって逆効果です。精製水だけでべたつきや余分な油分を洗い流すだけのほうが、乾燥による肌の皮向け・粉吹き・小じわ等は防止できますし、肌への負担も軽くなります。

    べる003 さん
  • 天然塩

    以前雑誌で見て始めた方法なのですが、某天然塩を、私の場合最も乾燥する手と足に塗りこんでそのまま半身浴をします。それまでは特にかかと・ひざ・ひじの乾燥がひどかったのですが嘘のようになくなりました。塩はミネラル分の多く含まれているもの&きめ細かな塩の方が良いと私は思います。ちなみに体質によっては肌が荒れる事もあるそうなので部分的に試されるといいと思います。

    みるく008 さん
  • 抹茶のパック

    抹茶1(粉茶でもOKです。)・小麦粉1の割合より若干小麦粉大目を水で練って冷蔵保管しておいたものをお風呂でパックします。すべすべつるつるで乾燥しらずです。

    とっぴちゃん さん
  • しっとりすべすべ

    ミカンが店頭に並ぶとお風呂に入る楽しみが増えます。入浴前に美味しそうなミカンをいくつか選び、お風呂に持ち込みます。皮を剥き、冷たく甘いミカンを食べ、甘い香りを堪能します。食べ終わったミカンの皮はそのまま湯船に浮かべ、体の表面からもミカンのエキスを摂り入れると乾燥しがちな冬のお肌もシットリすべすべになりますよ。

    ダイチャン010 さん
  • オイル

    顔も乾燥しますが、どうも年々膝下の乾燥が激しくなってきました。そこでキャリアオイルと精油でマッサージオイルを作り、お風呂上りにマッサージしながら馴染ませます。これだけでも違うんですが、その後綿のハイソックスを履き、そのまま寝ます。靴下を履いたまま寝るのは好きではないけど、翌朝、スベスベの脚になっているのでついやってしまいます。

    しか007 さん
  • 体の内側から豆乳効果

    以前豆乳入りの基礎化粧品のみで冬はがんばっていましたが、限界を感じ、また大豆アレルギーもない体質だったため、豆乳料理を食べるようになりました。朝は豆乳がゆ、昼は手作りお弁当と豆乳飲料、夜もできるだけ鍋やスープで摂るべく努力しました。アレルギーの問題があるので、あえて強くおすすめしませんが、最近の自分の肌のもっちり感は間違いなく豆乳のおかげだと確信してます。

    芋の助 さん
  • 木酢液入りのお風呂

    身体中がカサカサする冬場対策として入浴剤と併用しているのが木酢液です。ドラッグストアなどで1000円位で売っているのですがキャップ2〜3杯を湯船に入れると身体の芯から温まりますし、お風呂上りのお肌はしっとりしています。これまで冬場の就寝時、乾燥でむず痒かったのがおさまりました。

    CABEL さん