元気が出るからだのWeb

肩がこる、腰が痛い

どちらも長時間悪い姿勢を続けている人に多い症状
まずは正しい姿勢を身につけることから

肩こり・腰痛は、人類が二本足で歩きはじめたころからの宿命

常に女性の体の悩みのトップに挙げられる肩こり、腰痛。

二本足で立っている人間は、重い頭を首で支え、肩から腕をぶら下げているため、肩と首の筋肉に負担をかけています。また上半身の体重を支え、体を曲げたり、物を持ったりするときのかなめともなる腰の負担も大きく、これらが肩こり、腰痛の遠因となっています。
特に日本人に多いなで肩は、肩の骨が下がっている分、腕を筋肉でつり上げる形となり、筋肉が疲労しがちです。

悪い姿勢が肩こり、腰痛を悪化させる

*筋肉の負担に拍車をかけ、腰痛や肩こりの大きな原因となっているのが悪い姿勢です。

成人の頭の重さは約6kg。そして腰には体重の約6割の重さがかかるといわれます。
背すじがしゃんと伸びたよい姿勢なら、この重みを筋肉と背骨全体でバランスよく受け止めることができますが、背中を丸めた描背やそっくり返った姿勢ではそのバランスがくずれ、首や肩、腰に過重な負担がかかり、これらの筋肉が疲労してこり固まるのです。

ストレスも大きな原因の一つです

毎日、イライラすることっていっぱいありますね。
イライラは精神的ストレスのもと。人間の体はストレスを感じると、無意識のうちに身構える態勢となり、筋肉は緊張し収縮して、毛細血管を圧迫します。
またストレスは血管そのものを収縮させ、その結果 、血液循環が悪くなって、肩こりや腰痛を誘発します。
そしてオフィスでOA機器を扱う人は、精神的ストレスに加え、ずーっと同じ姿勢なので筋肉が緊張しっぱなし。肩こりや腰痛に悩まされても当然といえます。

(出典:オレンジページ)