元気が出るからだのWeb

目が疲れる

現在、原因のトップはOA機器の使いすぎ
目の休息を心がけて

目の疲れは目のSOS信号

目の断面現代社会は、テレビやワープロ、パソコンと目を酷使する機器に囲まれており、目の疲れを感じる人も増えています。目を酷使しつづけると視力が低下したり、不快な症状がますますひどくなったりするので、疲れを感じたら、積極的に目を休ませることが大切です。

OA機器による疲れ目が急増中!

OA機器を操作しているときは、ディスプレイ画面とキーボード、資料の3点に絶えず視線を走らせているので、水晶体を調節する毛様体の筋肉(毛様体筋)が疲労します。また、作業に集中することでまばたきの回数が減り、目が乾燥することも、目の疲れを増す要因。

ディスプレイ、キーボード、資料を置く高さや位置を調節して、目の負担を減らしましょう。

目の疲れの症状はさまざまです

毛様体筋が疲労すると、かすんだり、ものが二重に見えたりします。また集中してものを見ると目の血管が拡張し、これが続くと充血したり、しみたり、痛みやかゆみが起こったりします。そして、目の乾燥はゴロつき感を、眼球を動かす筋肉の疲れはヒクヒク感を引き起こします。また、目の疲れは脳の神経に疲労を与えるため、頭痛や肩こりなどの症状も起きてきます。

(出典:オレンジページ)